MITEKITEN: 宮里千里さんの録音を聴く会@barよなき、DJ PIN@熱血社交場、ペナンガラン・ボーイフレンド@The Hologram City

3カ月ぶりなので「久々に戻ってきた!」という感慨深さもなく那覇入り。自分の家がなくてホテルに泊まっているのが不思議なぐらいだった。関西に戻ってきてもうすぐ5年。那覇に住んでいた期間は4年半〜5年弱程度だから、そろそろこちらに戻ってきてからの期間のほうが長くなる。けれども、今はまだ関西よりも那覇のほうが歩きやすい。生活がしやすい。極端にゴリゴリに凝った肩で那覇入りしたから「あ、そうだ、あの大好きなマッサージ屋にいこう」と電話で空きを確認して60分マッサージをお願いする。マッサージ屋や好きな食堂、好きなスーパーなどを、あたまのなかの地図ですぐに指し示すことができる。私がいかに那覇を知っていたかどうかというよりも、コンパクトな街のサイズがちょうど自分に合っていたんだと思う。今は神戸市に住んでいるが、那覇市と比べると、神戸はやっぱりでかい。歩いていたらばったり友達や知人に会うぐらいのサイズの街は、過ごしやすい。

 

「宮里千里さんの録音を聴く会〜BALI編(1985-2023)」―― アジアを読む文芸誌『オフショア』がお送りするトークイベント

語り手:宮里千里
司会:山本佳奈子(オフショア)

日時:2024年2月17日(土)19:00〜(18:30開場/21時終了予定)
会場:barよなき(〒900-0016 沖縄県那覇市前島2-13-19 前島ビル 2F)
主催:オフショア https://offshore-mcc.net/

https://miyazatosenri-bali.peatix.com/view

 

今回の那覇滞在中には「宮里千里さんの録音を聴く会」を2024年2月17日(土)にbarよなきにて主催。MITEKITENは「見てきてん」なので本来は客として行ったものをレポートするはずなのだけれど、このイベントも含めて簡単なレポートを3本プラス少し。

続きを読む

大阪府美術品管理の問題について

毎日新聞による報道概要

毎日新聞からスクープが続く大阪府の美術品管理の問題がある。SNSではこのスクープを受けて、大阪維新の会(および日本維新の会)を嫌う人々のあいだで「ほら、維新はわけもわからずこういうことをする」「維新に財産を任せられない」「維新に美術の価値はわからない」など、批判的な投稿が飛び交う。

毎日新聞のスクープはこのような内容だ。

2023/7/24 美術品を「粗大ゴミ扱い」 大阪府が地下駐車場で105作品保管 | 毎日新聞

2023/8/16 地下駐車場の美術作品をどう守る? 大阪府に専門の学芸員不在 | 毎日新聞

2023/8/18 「デジタルで見られるなら処分も」地下駐車場美術品で大阪府特別顧問 | 毎日新聞

2024/1/30 美術品ずさん保管 専門家チーム「予算確保と修復 大阪府に責務」 | 毎日新聞

2024/1/30 美術品に「引っ越しラベル」じか貼り 大阪府、ずさん管理6年の代償 | 毎日新聞

 

まず、美術品を地下駐車場に閉じ込めていたことがスクープされたことをきっかけである。この問題が世論で批判されたことを受けて、大阪府は「特別チーム」を立ち上げるに至る。

毎日新聞の最初の報道2023/7/24の2日後、知事記者会見にて、記者がこの件を質問し、吉村大阪府知事は対策をすると話す。対策のひとつが、「特別チーム」の立ち上げだ。吉村大阪府知事が定例の知事会見にて発言した内容は、文字起こしされて大阪府のウェブサイトにて公開されている。下記リンク内の「咲洲庁舎地下駐車場に保管されている現代美術作品について」という箇所で、(1)と(2)があり、文字数にして約5000文字。

2023/7/26 大阪府/令和5年(2023年)7月26日 知事記者会見内容

でも、我々は評論家じゃないから、じゃ、どうするかという問題があるわけですが、やっぱり人目に触れさせたいと思いますので、美術の専門家等を含めた特別チームを立ち上げようと思います。この105点について、まとめてどこかで展示というのは難しいのかもしれないけれども、人の目に触れる展示の在り方というのがないかというのを美術の専門家の視点から、105点作品がありますので、一点一点確認もしてもらいながら、そういった特別チームから意見をもらおうというふうに思います。

>>>上記引用部分冒頭について。本題に関係ないが、「我々は評論家じゃないから」は誤りで、「我々は専門家じゃないから」と言われるべきだったと思う。筆記者の間違いかもしれない。

 

事前に表明しておくが、私は大阪府大阪市の施策、そして何より維新政治が嫌いで大阪府大阪市から転居した人間である。維新の肩をもつ気はさらさらない。そのうえで以下、読み進めてほしい。

続きを読む

西洋と非西洋、はじまりの香港

色眼鏡で見ていた非西洋

音楽専門学校でコンサート企画を専攻し、学生時代からライブハウスでアルバイトしていた私の卒業後のはじめての就職先は、やはりライブハウスを経営する音楽会社だった。とても小さな規模で、ホモソーシャルな男性チーム。当時は夕方〜夜のライブ営業と、深夜のクラブ営業の一日二回まわしが当たり前。朝から翌朝まで働くなんてこともざらで、とにかくしんどかったし、また、今でいうパワハラやいじめも横行していた世界で、私はメンタルに大きなダメージを受け、早々に退いた。今でも、大阪市のこのライブハウス周辺にどうしても用事があるとき、このライブハウス周辺の情報をSNSで見かけたとき、吐き気・頭痛をもよおしそうになる。

音楽を仕事にすることを諦めた私はその後、心身が回復してから、九時五時の仕事を狙い、そつなく働いてそつなく海外旅行にでかけるという生活サイクルを繰り返す。平日は五時まで契約社員やらパートやらで働き(基本的にひとつの職場で長続きしないタイプなので時期によって職場を取っ替え引っ替えしている)、夕方以降、自分の好きなことをやる。アフターファイブを充実させ、その時間に、「次はどこ(海外)に行こうか」と計画を立てる。お金が溜まったら、いったん退職して海外に数カ月渡る。ある都合のよいバイト先では、秋から春先にかけて働けばそこそこお金が貯まるので、夏のあいだの数カ月間はしっかり旅行に行ける(そして、また同じ職場に復帰させてくれる)、なんて時期もあった。

そういった生活で私にパンチを喰らわしたのが、二〇一一年のアジア三カ月旅行だった。確か、当時アジアを旅行先に選んだのは、とても消極的な理由だった。本当はメキシコにとても行きたかった。けれども、なかなか遠いメキシコに行くにはお金が貯まっていない。「今あるお金で旅行できるとすれば、アジアぐらいじゃないか」――アジアの物価の安さを利用する旅行だった。掃いて捨てるほどいる、ダメバックパッカーのような思考だと自認していて、ちょっとうんざりした。だから贖罪のように、アジアを旅行する自分にひとつ重大な任務を課した。それは、「日本にいるときと同じことを、旅行先でやってみること」。音楽ライブを見に行くこと。ギャラリーに展覧会を見に行くこと。またそのような文化的な情報が集まる空間である喫茶店や飲食店に行くこと。大阪を拠点としていた自分が、ふだん、何も意識しなくてもやっていたことを、場所を変えて、旅行先のアジアでもやってみること。これを自分に課したのだった。

続きを読む

MITEKITEN: yukaD@SLUM BAR、大工哲弘&大工苗子@桜坂劇場ホールB、月刊インプロvol.112@groove

2023年11月17日から11月22日まで、久方ぶりに沖縄島へ。那覇のミスター金城に泊まりつつ、ライブもいろいろ鑑賞できた。とくにおもしろかった3つでMITEKITEN。

 

本題に入る前に。やはり沖縄からはじめたのがMITEKITENだけに、沖縄に行くとMITEKITENしよう、MITEKITENしなければ、という気持ちになる。沖縄在住時代、私がなるべく使わないようにしていた関西弁(見てきてん)をあえてタイトルに掲げるのは、「私はあくまでもナイチャーでこの土地においてはどこまでいっても外来である」という意味を込めています。今までこれを自分で説明できなかったけれど、突然説明できるようになる意図とか動機って、あるよね。

(とはいえ、沖縄で友人に「いや、普段山本さんむっちゃ関西弁出てますよ」と言われて凹んだこともある。)

※MITEKITENとは・・・ https://offshore.thebase.in/items/24866249

 

  • 2023年11月17日(金)yukaD@SLUM BAR
続きを読む

音楽バンドを招聘していた自分の建前と本音

中国最高峰のインディーバンド、万能青年旅店がアジアツアーをするという。

 

西洋バンドではなくアジアのインディーバンドが、単独で、日本を含むアジアの都市をまわる事例は、過去に少ないと思う。どさ回りのように小さなベニューを無数に廻るヨーロッパツアーやUSツアーは、万能青年旅店も、その周囲の中国ロックバンドも行ってきているはずだが、日本を含むアジアの、それなりに大きな規模のライブホールを、現地の対バンとセットではなくワンマンで廻るというのは、下手したら史上初ではないだろうか。日本を含まず台湾、香港、シンガポールやマレーシアあたりを廻ることはあったのだろうが、ここに日本が含まれたのは、大きな転換点であるように思う。現在発表されているアジアツアーで会場となる都市は、香港、クアラルンプール、シンガポール、台中、高雄、台北、東京、大阪の8都市。

続きを読む

『宇宙船イン・ビトゥイーン号の窓』とTBSバラエティ番組の「方言禁止」ゲーム

TBSのバラエティ番組に沖縄出身の二階堂ふみが出演して、番組内に「方言禁止」のゲームがあり、それがSNS上で話題になり、炎上している。「かつての方言札みたいだ」という意見が多数。

 

まっさきに連想したのはチェルフィッチュの演劇『宇宙船イン・ビトゥイーン号の窓』だった。私は2023年の10月に、KYOTO EXPERIMENTで鑑賞した。

chelfitsch.net

 

日本語を母語としない俳優が多く出演するこの作品では、終始、一般的に日本人が想定している標準語とは違うイントネーション、アクセント、発声で台詞が発せられる。

上記のURLにはこのような記載がある。

続きを読む

観光客の聴覚

人の聴覚は視覚よりも適当であり、なおかつ過敏であると思う。人は、聴きたい音を聴こうとし、聴きたくない音は一定のレベルなら掻き消すことができる。

 

先日、久々に沖縄島に行った。

2015年から私は仕事で沖縄へ移り住み、実に約5年、現地の法人に雇用されてごくごく普通の生活を営んでいた。しかも30代前半から後半にかけての自分の労働は、社会において自分の仕事がどのような役割を果たしているのかを考えさせられるものだったし、年代的にも「働き盛り」と言われるような時期だったから、活気に満ちた日々だった。それまでの、尼崎市に居住していたころの自分と比べると、社会で人と仕事し生きていく力が飛躍したし成長したと思う。

自分の人生において沖縄にいた期間はそういうタイミングだったから、久々に沖縄に「行った」ことにはなるが、感情的にいうと「帰った」という感覚だった。

続きを読む